ベビースイミングの赤ちゃんへのメリットとデメリット

こどもの未来を育む教育支援インフォメーションサイト

始める前に押さえておきたいベビースイミングのデメリット

ベビースイミングにおいて想定されるリスク

多くの習い事と同じく、不確定要素が大きい乳児の習い事であるベビースイミングは相応のリスクを伴い、主なリスクとして、塩素・細菌感染・水中毒の三点が存在します。

プールの消毒を目的に散布される塩素は、肌の弱いこどもの皮膚に悪影響を及ぼすリスクを含み、不特定多数の人が出入りする以上は細菌感染のリスク増は避けえず、何でも口に含みたがる乳児の特性は水中毒を招きかねません。

リスク回避の為にも、アトピー・アレルギー症状を発症ないし、発症者が近親にいるのであれば肌が弱いことを想定する必要がありますし、細菌感染のリスク回避のために、清潔なプール施設を擁したベビースイミング教室や講座を選択することはもちろんのこと、プールの水を飲もうとしていれば止めなければならないなど、保護者は乳児のための環境選択だけでなく、常に乳児から目を離してはならないのです。

考え得るベビースイミングのデメリット

ベビースイミングに潜在する主要リスクである塩素・細菌感染・水中毒よって引き起こされることが想定されるデメリットとしては、塩素による肌荒れや皮膚の炎症、細菌感染による結膜炎や各種感染症感染、乳児の免疫機能の未発達さから感染する可能性がある感染性の低い感染症感染、腎機能の未発達さにより乳児が意図してプールの水を飲まなかったとしても、体内の水分バランスが崩れ水中毒になることなどが主です。

これ以外にもデメリットとして、長時間水中にいたことによって引き起こされる低体温症、プールから出た後に体の乾燥が不十分であったことによる風邪と風邪による免疫機能の低下、思わぬトラブルや杜撰な管理体制が招く最悪のデメリット、溺死が想定されますが、塩素・細菌感染・水中毒がもたらすデメリットとは違い、大半のデメリットは回避や予防が可能なものに過ぎません。