ベビースイミングの赤ちゃんへのメリットとデメリット

こどもの未来を育む教育支援インフォメーションサイト

LINKS

幼児教育の仕組み

子供の情操教育に良い影響を与えると言われる幼児教育の仕組み、詳しく知りたくないですか?

ベビースイミングではどんなことをするのか

大抵の保護者の方はベビースイミングをこどもだけのためのものとして想定していることから、そのメリット・デメリットに関しても、こどもだけが享受するメリットとこどもだけが受ける恐れがあるデメリットであると考えてしまう傾向にありますが、ベビースイミングがこどもだけのためのものであるという点を含めて、メリット・デメリットが必ずしもこどもにしか影響しないという認識は誤りです。

ベビースイミングの目的がこどもに水泳を身につけさせたり、水泳を身につけさせたりするための基礎固めであることには疑いの余地はないのですが、例えばこどもが泳げるか浮けるかできるようになると、水難事故を含む水関係のトラブルに遭遇した際の生存確率が向上しますが、こどもの死は保護者にとって最悪のデメリットであることは明白であり、保護者にとってこどもの死という最悪のデメリットをわずかでも抑制できることは、大きなメリットではありませんか。

このような観点から考えてみると、こどもの危機回避能力の向上にはじまり、水泳による低負荷運動で運動神経の発達を促進し、運動神経から脳への刺激が脳の活性化を促すという形のこどもの成長であれ、乳児期からの運動の習慣化であれ、こどもの人生を豊かにするメリットが見込め、そのメリットは間接的には保護者にとってのメリット足り得ます。

逆に直接的なメリット・デメリットについて考えるなら、ベビースイミングにこどもと一緒に通うことによるコミュニケーション機会の増加と、水泳の開始と継続に要する費用の低さがメリットとして、プールに使用される塩素による肌荒れ、不特定多数の人物の出入りに伴う細菌感染、水の経口摂取に起因する水中毒などによって、こどもが何らかのダメージを被った場合の対処や、ベビースイミングの性質上保護者の時間を要することがデメリットとして想定されるでしょう。

保護者にとってのベビースイミングのメリット・デメリット

自我形成が未熟な乳幼児期の習い事は、保護者の方がこどものために選ぶのが一般的であり、こどものフィーリングこそ考慮するでしょうが、決定はやはり保護者によるものです。 ベビースイミングに関心を抱き、選択肢として考えているのであれば、ベビースイミングが何を目的に何を行っているのかを把握しておくべきでしょう。

知っておくべきベビースイミングのメリット

世間に存在する様々な習い事と同じように、ベビースイミングにもメリットが存在しています。 こどもを主体とした習い事であるとはいえ、せっかくベビースイミングにこどもと通うのなら、ベビースイミング独自のメリットを理解しておいた方が、こどものための目標設定も容易です。

始める前に押さえておきたいベビースイミングのデメリット

特別危険性が高い訳ではありませんが、残念ながらベビースイミングにもデメリットが存在していることは事実です。 こどもと一緒にベビースイミングを始める前に、ベビースイミングのデメリットを知っておくことで、習い事の選択を熟慮することをお勧めします。