ベビースイミングの赤ちゃんへのメリットとデメリット

こどもの未来を育む教育支援インフォメーションサイト

知っておくべきベビースイミングのメリット

ベビースイミングに期待できる効果

ベビースイミングにはベビースイミングの基本的なメリットである、乳児が水泳可能になること以外にもいくつかの効果が見込め、水中で活動することによって手足に与える負荷を最小限に抑えて運動が行えるため、成長を阻害したり、乳児に過度な負担をかけることなく運動を促したりできるので、純粋な運動機能の向上や運動による刺激を介しての脳の活性化を期待できます。

また、水泳技能の一環ではありますが、水に浮くことを自然に行えるようになることで、水難事故に限らず、水関係のトラブルに際して水上に浮かんでいられる時間が増加し、生存時間の引き延ばしによる、救助確率の向上効果が望めるため、パーセンテージとして大勢を占めることはないでしょうが、生存確率が向上することはほぼ間違いないはずです。

主なベビースイミングのメリット

基本的にベビースイミングのメリットは、乳児が泳げるようになることや、水中活動ひいては水泳への忌避感を払拭ないし感じにくくすることにこそあるわけですが、ベビースイミングのメリットは、それだけに留まらず、運動による脳刺激を起因とした知能の発達と運動機能向上の好循環を作りだせる他、乳児期から運動を生活の中に組み込むことで、こどもの生活習慣に運動を無理なく定着させる下地作りを行えることも、ベビースイミングのメリットに含まれるのです。

もちろん、水中での行動が可能になることを除けば、ベビースイミング以外の教室や講座でも享受可能なメリットではありますが、始めるにあたって必要なものが安価であることから、道具類にかかる経費や持ち運びの手間暇なども考慮に入れると、コストパフォーマンスに優れていることも見逃せないメリットでしょう。